資産を失うリスクを減らす|外国で展開する海外不動産という新しいビジネスモデル

外国で展開する海外不動産という新しいビジネスモデル

積み木とお金

資産を失うリスクを減らす

セミナー

マンション経営は、株式投資や為替取引に比べて安定した収入が期待できると考えられています。株式投資や為替取引は、経済状況や政治状況、企業の業績などが刻々と変化し、迅速な判断を求められます。ずっと市場の動向を監視できる人はいいですが、普段仕事をしていたり、市場の情報を集めることができない人にとっては、資産を減らしてしまう可能性が高くなります。資産運用なるべく無理なく行いたいものです。金融商品は元本が保証されないので、このような理由から金融商品を敬遠する人は多いと考えられます。

マンション経営のメリットは沢山あります。2002年4月にペイオフが解禁されたことにより、銀行に預けるお金は1000万円までしか保証されません。今の時代、資産を守るには、さまざまな方法を講じなければならなくなっているのです。自分の資産を守るためには、資産を分散投資するという方法が一般的です。マンション経営は、分散投資に有効です。マンション投資は、投資先が破たんしても、マンションの現物は残ります。そのため、大きな損失をこうむる可能性はその分だけ少なくなります。マンションは、財産として価値がある物件の一つです。その物件確保して、またらたにマンションを経営することができますし、それを売り払ってお金に換えることもできます。その他にも、マンション経営は、老後の年金の代わりとして活用することもできます。公的年金は昔に比べてその信頼は低下しています。労働人口の低下や国の債務の膨らみなど、公的年金に対する不安は年々大きくなっています。マンション経営で得られる収入は、この公的年金の代わりとして活用することができるのです。